フラワーエッセンスとは?

*スマートフォンからご覧いただいているお客様へ各ページには、左上3本線メニューよりお入り頂きまして「+」をタップしていただくことで、さらに詳しいページ項目をご覧頂くことができます

 

 植物の花びらや葉、茎、鉱物などのエネルギーを清水に写し取った飲み物で、心に直接働きかけ、心身のバランスを整えてくれる自然療法です。

 

フラワーエッセンスとは、花の癒やしエネルギーを清水に写し取った、無味無臭の飲み物です。

 

  古代、オーストラリアの先住民アボリジニは、朝、森に入り、花の朝露を飲んで、心身の調子を整えていたそうです。

 

 

 この古代の人々の智慧が、1930年代、イギリスの医師であり細菌学者でもあったエドワード・バッチ博士に寄って発見され、研究、体系化されたのが、フラワーエッセンスを使用した現在の花療法なのです。

 

 

 バッチ博士は、慢性病に苦しむ患者さんに有効な治療法を模索している日々の中で、ある日、「人にはそれぞれのタイプがあり、症状は同じでも訴えている雰囲気や感情が違う」と言うことに気付きました。

 

そして、「症状ではなく、患者自信の心理状態を治すことで自然治癒力が高まり、病気が治るのではないか?そして、その治療薬は自然の中にあるのではないか、そう直感し、それまで築いた医師としての地位や名誉を棄て、治療薬を探す旅に出ました。

 

 

 その後20年近くの探求と研究を重ねて、38種類のフラワーエッセンスが体系化されたバッチ博士の花療法は、現在では世界の約60ヶ国で、病院内での代替医療や家庭で手軽に行えるメンタルケアとしても幅広く活用されるようになりました。

 

フラワーエッセンスの成分は、水とブランデーのみで、副作用や習慣性、依存性もなく、赤ちゃんやご妊婦さん、またご高齢の方まで安心してご使用頂けるため、1970年代からは、他の作り手さんの手に寄っても様々な作用を持つエッセンスが作られるようになり、今では日本国内でもエッセンスが作られており、世界の各国から輸入されたエッセンスを含め国内では数千種類のエッセンスが約30万人の人々に活用されています。

 

 

<フラワーエッセンスの作り方 >

 

フラワーエッセンスの作り方は、主に2種類の作り方があります。

 花弁を清水に浮かべ、太陽の光を当てて作られる太陽法と、花弁、茎、枝などを煮沸して作る煮沸法の2種類があります。

 

 

<フラワーエッセンスの作用>

 

感情や潜在意識に直接はたらきかけ、心のバランスを整える働きがあります。

 

 

<フラワーエッセンスの成分>

 

お花のエネルギーを清水に写し取ったものなので、フラワーエッセンス自体には成分は含まれませんが、ボトルの中には保存料としてブランデーや塩、グリセリンが含まれています。

*保存料は、ブランドに寄って異なります。

 

 

<フラワーエッセンスの使用方法 >

 

●飲用する ●肌に塗布する ●入浴時にバスタブに入れて使用する ●オーラや身体にスプレーする、などの方法があります。

 

 

<フラワーエッセンスの特長 >

 

フラワーエッセンスには薬効成分が含まれていないため、お薬や他の療法との併用が可能です。

 また依存性、習慣性もありませんので、赤ちゃんや妊婦さん、お年寄りまで、安心してお使いいただくことができます。

 

 

<フラワーエッセンスの入手方法 >

 

現在、日本では日本のお花で作られたエッセンスと輸入されたエッセンスが、インターネットショップやデパートなどの販売店の店舗などで購入することができます。

 

フラワーエッセンスは、心理状態からエッセンスの作用を見て選んだり、直感で選ぶことができますが(選び方はブランドに寄って異なります。)ご自分でお選びになることが難しいとお感じになる際には、フラワーエッセンス花療法士にご相談されることをお勧めします。

 

ネットショップや販売店のなかでも、アドバイスを受けることができるお店もございます。


フラワーエッセンスについては、こちらのブログ記事も御覧になってください。→フラワーエッセンスとは?

 

ご質問やお知りになりたいことなどがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

◎現在、フラワーエッセンスは世界の60カ国で取り入れられ、病気の治療以外でも魂を高め、幸せな人生を送るためのアイテムとして幅広く活用されています。尚、フラワーエッセンスを飲用することで心身のバランスが整い、その結果、病気が治る場合がありますが、治療を目的に使用するものではありません。